Blog公式ブログ

カテゴリー
お知らせ よもやまばなし
投稿日時

例の世界的騒動の裏話

新型コロナ騒動は、本当は病気に対する恐怖が原因の騒動では無く、様々な政治的理由から創り上げられた騒動なのでは無いか?

 

と疑ってはいるのですが、この度政府が緊急事態宣言をひと月ほど延長すると決めた様ですので、世間の風潮に逆らってご不安を与えてもいけませんので、あらしやま情操スクールも5月まではとりあえず休講とさせて頂きます。

 

ちなみに、昨年の冬に風邪やインフルエンザで亡くなった方を正式な計算方法で算出すると約一万人だそうです。(武田邦彦教授談)

それでは今年の冬は?

新型コロナを含めても、約二千人とのこと‥。えっ?

 

今年は、とりわけ安全な年と言わざるを得ない数字が出ているそうです。

 

なのにこの自粛。どう考えても不自然なのです。

 

また頼りにされているPCR検査が、実は新型コロナの判別には役立たないという現実も指摘されている様です。

あろうことか、旧型のコロナなどであっても陽性反応が出てしまう事が多々あるそうで‥。検査の体をなしていません。

 

ですから罹患者の数も、死亡者の数も不正確‥デタラメなデータを元に話し合いがなされている事になります。

 

ワクチンを開発すると言って張り切っているビルゲイツ。

しかし、彼は人口削減を公言している人物として有名です。もっと人が死んだ方が良いと考えている人物がワクチンを開発して売るのでしょうか?大丈夫なのでしょうか?

 

ロンドンオリンピックの閉会式、皆さん覚えておられますでしょうか?

ベッドが沢山並んで入院患者だらけの演出になっていたそうです。照明もコロナウイルスの様なデザインだったそうで‥。

 

世界規模の騒動には、ほとんどの場合シナリオがあると言われます。今回も?

 

前回の東京オリンピックも、一度延期になっていたそうですね。景気が良くなったり極端に悪くなったり波が大きいと、株などで莫大に儲ける者が現れます。世界の支配層には景気の操作が可能です。オリンピックを計画したり中止したり、戦争を起こしたり復興のバブルを起こしたり。

 

新型コロナ騒動も、この騒動でいったい誰が得をするのかと言う、経済学的な視点で眺めるのも良いかも知れませんね。

 

また、イタリアは罹患者が多いと騒いでいましたが、実はほとんど新型コロナの患者では無かったとの説も飛び出している様です。

PCR検査の精度がデタラメなので、そもそも正確な罹患者数なんて判るわけも無いんですけどね。

それ以外の驚く様な問題も囁かれています。

例えば枢機卿が沢山亡くなったと言われていますが、本当は亡くなっておらず幼児性愛で逮捕され拘留されているとの説まである様です。

 

あまりにも世界レベルの騒動のため、全て確認する事は難しいですが、日本のテレビと新聞を信用していてはダメでしょうね。むしろ見ない方が良いと、私などは考えております。おかしな洗脳ツールに成り下がっていて、真実の報道を目指してはいませんから。

 

ともかく、経済を疲弊させて世界恐慌を誘うこと自体が目的の騒動かも知れませんので、目先の偽情報に一喜一憂せずに世界を客観視する必要を感じます。

 

私個人といたしましては、致死率2パーセント以下の新型コロナよりも、その後に登場するであろうワクチンや、ナノチップ、更に危険なウイルス、ウェブマネー、5G、大地震、預金封鎖、世界恐慌、食料危機、世界大戦あたりにアンテナを張る様に心がけております。

 

自粛中は、皆さんストレス溜めずに楽しくお過ごし下さい。

オマケhttps://youtu.be/OnQOPFelj2k

 

 

 

 

 

 

 

あらしやま情操スクール © arashiyama jyoso school.
このページのトップに戻る